Skip to content

あの場所へバスで行きたい Posts

格安な高速バスのメリットとデメリット

高速バスは、長距離を移動する手段の一つであり、料金が格安であることや便利さから多くの利用者に支持されています。しかし実際に利用する場合は、どんなメリットやデメリットがあるのかを知っておくと良いでしょう。メリットとしては、まず「料金が格安で済む」ということが挙げられます。例えば新幹線の場合だと、東京から京都へ移動するのに12000円程度の料金がかかりますが、高速バスであれば同じ距離の移動を3000円程度の料金で済ませることが可能です。 なので、できるだけ格安で長距離移動をしたいという場合に便利だと言えるでしょう。その他のメリットとしては、「乗り換える必要のない直行便を利用できる」ということが挙げられます。電車などで直通便がない場合でも、高速バスであれば直行便が設けてある場合も多いため、複雑なルートをとることなく目的地へたどり着くことが可能でしょう。また、バス停の場所に関しても、一つの都市の中に複数箇所設置されている場合もあるため、自宅の近くなど、より利用しやすい場所からの乗車が可能だと言えます。デメリットとしては、「乗車時間が長くなってしまう」ということがまず挙げられます。 そのため身体への負担が大きくなってしまう場合もあるので、ある程度体調を考慮することも必要になるでしょう。そして、渋滞や天候などに左右されて「到着時間が遅れる場合がある」ということもデメリットだと言えます。ですので、到着後すぐに大事な用事が控えている場合や、飛行機に乗り換える必要がある場合などは注意が必要でしょう。

Leave a Comment

格安の高速バスを選ぶメリットと問題点

日本列島を旅行する場合には、バスを選択すると格安の料金で往復することができます。旅行に対する価値観の問題ではありますが、格安で旅行したいことを第一に考えている場合は、高速バスを選ぶことで、大きなメリットを手に入れることができるでしょう。また、高速バスは高速道路を利用するため、短時間で現地に到着することができます。 渋滞を予想しておけば、時間通りに到着することも不可能ではありません。最近は、夜行高速バスも走っています。日本の中でも大動脈といわれる大阪と東京では、格安の夜行高速バスが往復しており、いくつかの会社から選ぶことができるでしょう。格安夜行バスの特徴は、料金が安いこともありますが、シートが4列になっていることです。従来のバスであれば、従来3列シートが一般的でした。ですが、シートを4列にすることで、一人あたりの料金を減らすことができるようになったのです。シートが4列の場合は、特急列車などを思い浮かべる人がいるかもしれません。 日本の特急列車が、シートが4列になっていますのでバスと同じような形になりますが、実際にはシートの幅が異なります。同じ4列のシートでも、一つ当たりのシートの幅は4センチから5センチほど違います。新幹線になると7センチから8センチほどの違いが出てきてしまうため、単純に特急列車や新幹線と比較することはできないでしょう。多少窮屈になることを覚悟して旅行をする必要があります。

Leave a Comment