Skip to content

カンボジアをツアーで参加するときの注意点

カンボジアは、アンコールワットなど観光地として見所がある場所があるので、ツアーでカンボジアを訪れる人も多いのですが、南国なこともあり、現地では長袖や帽子をかぶったり、日焼け止めを肌に塗るなど日よけ対策をしないと日焼けにより、宿泊施設でシャワーを浴びる時に日焼けによる痛みで、体を洗いにくくなることがあります。

ツアーで用意されている宿泊施設では冷房が効いていることが多く、野外を暑い中歩いていて、急に冷房の効いた宿泊施設に入ると風邪を引いてしまうことがあるので、長袖があると冷房による寒さを防ぐことができます。また、現地では蚊が多く飛んでいるので、虫除けスプレーを肌に吹き付けたり、肌をあまり露出しないように長袖や長ズボンを履くことで、現地の蚊に刺されにくくなります。

カンボジアのツアーの自由行動日に道端で売られている料理を食べるのは問題ないのですが、生の野菜や氷が使われている料理は、現地の水の衛生状態が良くないので、避けたほうがいいです。カンボジアでは小額紙幣があると道端の店などで料理や果物など購入する時に便利ですが、100ドル札など高額の紙幣は、カンボジアでは偽ドルも多く出回っているので、現地では大金なので、支払いに使えないことがあります。カンボジアでは夜は薄暗い道や人通りの少ない道などで、引ったくりなど犯罪に巻き込まれるケースがあるので、夜に外出をしたい場合は、信用できる車で送ってもらうと安心です。
ディズニーランドのバスツアーのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *