Skip to content

ニセコのスキーバスについて

北海道ニセコに通じる、千歳空港からのスキーバスについて書きます。

ニセコには電車を使っても、倶知安駅というところで降りれば、ニセコ地域の中心街である比羅夫までたどり着くことが出来ます。しかし、倶知安駅から、バスやタクシーを使用しないといけないです。バスの種類はリゾートライナーとホワイトライナーがあり、どちらも料金は2-3000円ほどです。冬のシーズンはほぼ毎時間運行していますが、シーズンが終わると全然運行しません。

空港についたら、カウンターに行けば、スタッフの方がいます。集合時間と集合場所を言われて、その時間になったら、係の人が人数を確認して、出発となります。乗客人数は20-30人ほどの時が多いようです。外国人の乗客の多さにはじめはびっくりすると思います。ニセコという地域は雪質の良さのために世界中から観光客が集まっています。特にオーストラリア人が多いですが、近年は香港やシンガポールなどの雪のあまり振らない地域やスウェーデンなどのヨーロッパからも集客をしています。

2時間半ほどでニセコの中心地比羅夫ウェルカムセンターに到着します。途中キノコ王国などで休憩を挟むときはありますが、夜だと直接ニセコに向かう時もあるので、トイレは事前に言っておいたほうがよいでしょう。キノコ王国はなめこ汁など美味しい食べ物がたくさんあるので、もし止まれば、良いリフレッシュになります。スキーリゾートへの交通を使いこなして、よいスキーライフを送ってください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *