Skip to content

関東発バスツアーで富士山登頂をしてみよう

富士山は夏季の7月と8月に登山シーズンを迎え、それに合わせて多くの旅行会社が富士山登山ツアーの商品を提供しています。

関東発のツアーは東京・神奈川といったエリアから行く事が可能で、登山道に位置する8合目付近の山小屋に宿泊するのが一般的です。関東発のスケジュールとしては、初日の午前中に出発した後は5合目に昼前後に到着し、怪我防止・高山病防止のために1~2時間程度滞在して体を慣れさせます。

この準備運動をしておく事で、足がつったり頭痛等の症状を少なくする事が出来るので、必ず添乗員等の指示に従っておくようにしましょう。日の入り前後に山小屋に到着した後は夕食(カレーライスが多い)となり、それだけでは物足りないと感じる場合は、適量のアルコールやおつまみなどを食べておきましょう。

アルコール摂取に関しては、飲みすぎる事無く少なめにしておく事が大切です。関東発の富士山ツアーの2日目は、早朝のご来光を山頂付近で眺めるために日付が変わる前後に登頂を開始する事から、前日は夕飯を食べたら就寝準備をしましょう。

普段から寝つきの悪い場合は、音や明かりをシャットアウトする安眠グッズを忘れないようにして下さい。

なお、仮眠を少ししておくだけでも体力の回復につながりますので、3時間程度は寝る事が大切です。

登頂に成功・ご来光見学を終えた後は下山となりますが、早く下山したいという欲求がある事で急ぎ足となってしまうものの、筋肉に負担が掛かってしまうので、ガイドの指示に従ってゆっくり下山するようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *