Skip to content

人気のバスツアーとセーフティーバス制度について

価格の安さが人気のバスツアーは、以前は中高年の女性が多かったのですが、近年では夫婦や若い人同士の利用も多くなってきました。

特に、日帰りバスツアーはコースが多彩で価格は数千円からという手ごろな値段なので、家族旅行としてあるいは女性同士や友人、若いカップルなど好みに合わせてコースを選ぶことができるのも人気のポイントです。例えば、東京発で「カニづくし!網焼・カニ飯・天ぷら・茹でガニ・カニ鍋、カニざんまい食べ放題と12月からいちご狩り食べ放題」のコースで一人8千円前後ですし、「日光120分滞在で自由散策宇都宮名物の餃子を堪能」コースだと平日出発なら一人3、990円と格安です。

また、一泊2日のコースでも例えば1名1室で3食付きで「ズワイガニ・ブリ・甘エビなど30種食べ放題、世界遺産・白川郷・五箇山と飛騨高山2日間」で17、900円からとなっています。ただ、注意したいのは路線バスと違って観光バスツアーの場合、貸切バスを運行するという登録制の一般貸切旅客自動車運送事業登録のため利用者がバス会社を選べない点です。2016年1月には軽井沢での夜行スキーバスツアーの事故で、大学生などの若者15名の尊い命が奪われています。

そこで、この悲惨な事故を受けて安全対策を行っている貸切バス会社を評価する「セーフティーバス」制度が2016年9月からスタートしており、2017年1月現在、全国で1、017事業者が認定を受けています。これは初めての申請のバス会社の場合は「一つ星ステッカー」からスタートして取り組みが引き続き優良と判断された場合は「二つ星」そして最高ランクの「三星ステッカー」へとランクアップしてゆく制度です。このセーフティーバス認定制度を利用して、安全で楽しいバスツアーに出かけましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *