Skip to content

東京行き高速バスと対策について

東京行きの高速バスを運行させる場合には、他にライバルが存在するかどうか知る必要があります。

そして競合相手の存在を確認したのであれば、対策を考えて採用しなければなりません。なぜならば、バスを動かすことで収益を獲得するので、利用者を集める必要性が出てくるからです。

そこで、東京へ向かう高速バスを設定する際に、どのような対策を取り入れたらいいのでしょうか。最初に考えることができるのは、車内におけるサービスを充実させるというものです。

例えば、飲料のサービスを提供する他、コンセントを取り付けて充電を可能にしていきます。乗客の観点からすれば、乗車中でも飲料及び充電が可能になるので、利点になると言えるでしょう。

次に検討できるのは、次回の利用において特典を用意し、継続的に乗客の確保を可能にするということです。例として、一定の乗車を行ったら、値段が高いホテルを安く利用できる特典を用意するというものを考えることが可能です。

利用者にとっては、条件を満たすことで値段が高めのホテルを安い料金で使えるのでメリットになるでしょう。以上より、東京へ走る高速バスを開設するのであれば、サービスなどを生み出してライバルと対抗できるようにします。

なお、サービスを生み出す際には、ライバルについて情報収集しなければなりません。なぜならば、相手がどのようなサービスを与えるのかを知り、対抗策を考えることができるようにするためです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *