Skip to content

東京夜行バスの特徴を知りたい

近年、東京夜行バスが増えています。東京夜行バスが、東京の新宿駅や東京駅を出発し各地方に朝到着します。

夜行バスは、朝の6時から8時ぐらいに到着するのが一般的です。

このような時刻設定になっている理由は、通勤客を考えてのことです。

例えば、地方の人が都内のアミューズメントパークに遊びに来て、夜東京夜行バスで帰宅する場合、午前8時前ぐらいに到着できればそのまま会社に通勤できる可能性があります。そのようなお客さんを見越して、到着時間が考えられているのが特徴です。

東京夜行バスのエリアは様々ですが、基本的に700キロメートルの範囲内であることがほとんどです。

なぜなら、それ以上の距離になると、12時間以上かかってしまうからです。

12時間以上かかると、例えば朝の8時に到着するためには夜の8時前に出発しなければなりません。バスで12時間程度の時間がかかる場所であれば、夜8時過ぎの新幹線に乗れば、その日の夜10時ごろには現地に到着できるでしょう。

そうすると、あまり夜行バス乗客が乗らなくなってしまいます。逆に、それ以上遅い時間に出発してしまうと朝の9時過ぎに到着することになり、始発で新幹線に乗ったほうが早い可能性があります。

そのため、700キロ以内の距離を目的地として設定しているわけです。最近はサービスも豊富になり、ドリンクサービスだけでなく、Wi-Fiの無料接続サービスなどを行っているところが多くなります。

また、完全個室の夜行バスも少なくありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *